ブリード(ペアリング)時の♂のアゴの縛り方:阿古谷オオクワ園ブログ

阿古谷オオクワ園ブログ

ブリード(ペアリング)時の♂のアゴの縛り方

いつもご覧頂きありがとう御座います。 
 
最近は天気が悪くあまり気温が上がりませんicon_082 
ですが、ブリードにはちょうど良い時期ですicon_028 
ブリードされる方が多いようで、ゼリーの纏め買いが多く売れ売り切れ状態ですicon_022 
今週金曜日には入荷しますので、 
在庫がない商品も金曜日には発送させて頂きますicon_086 
 
さて、今日はブリード(ペアリング)する際に♀が♂に殺されてしまい、 
どうすれば良いかとメールがありましたので、 
♂のアゴの縛り方を書きますicon_046 
 
そもそも、なぜブリード(ペアリング)する際に♂のアゴを縛った方が良いかと言うと、 
ヒラタなどの気性の荒い種は♀を挟んで傷付けたり、 
最悪殺してしまうからですicon_025 
 
以前にもブログに書いた内容ですが、参考にどうぞicon_113 
 
当方では100均でも売っている園芸用の結束バンドを使用していますicon_022 
ロールになっているものや10cm程度にカットされたものがありますicon_061 
 
 
(卻のアゴに結束バンドを外れないように1回巻くicon_001 
 
 
▲▲瓦鮓鮑垢気察▲▲瓦開閉出来ないように結束バンドを巻くicon_001 
 
 
7訛バンドの端と端を外れないように捩るicon_001 
 
 
♂のアゴを縛り3〜4日同居させれば、 
大抵の場合交尾は済んでいると思いますicon_045 
あまり、長い間アゴを縛っていると開閉不良になる場合がありますので、 
ご注意下さいicon_082 
 
宜しくお願いします。
 

 
2015/09/08(火) [飼育方法について] 
【トラックバックURL】 http://ay-sys.com/BLOG/ookuwa/tb.php?b=00001189

コメント

お名前(HN)
URL
タイトル
コメント